環境ヘの取り組み | Stabilus GmbH

環境ヘの取り組み

企業としての社会に対する責任

スタビラス社は、早期に環境や生態学に理解を示し効果的な環境管理体制を取ってきました。会社の原則の一つは、環境に準拠した製品を開発製造そして販売し、最終的に環境に優しい方法で廃棄できるよう取り組んでいます。

 

認証

スタビラス社は環境問題を重要な経営課題として認識し、環境保護マネジメントを設立しました。以下が取得した認証です。

Sprache

Dr. Michael Büchsner

Dr. Michael Büchsner (geb. 1975, österreichischer Staatsbürger) ist Vorstandsvorsitzender (CEO). In den vergangenen 20 Jahren war er in verschiedenen leitenden Positionen beim Automobilzulieferer TRW in Österreich, Deutschland und den USA sowie nach der Übernahme von TRW durch die ZF Friedrichshafen AG bei letzterer tätig. Dort trug er zuletzt die globale Verantwortung für den Geschäftsbereich Passive Safety Systems. Die Schwerpunktthemen seiner Tätigkeit waren Strategie, Finanzen, Investitionen und Customer Relations. Dr. Michael Büchsner verfügt über einen Abschluss in Chemical Engineering der Technischen Universität Graz, an der er auch später promovierte, sowie über einen Executive MBA des St. Gallen Instituts.
  Zurück zur Übersicht
環境ヘの取り組み | Stabilus GmbH

環境ヘの取り組み

企業としての社会に対する責任

スタビラス社は、早期に環境や生態学に理解を示し効果的な環境管理体制を取ってきました。会社の原則の一つは、環境に準拠した製品を開発製造そして販売し、最終的に環境に優しい方法で廃棄できるよう取り組んでいます。

 

認証

スタビラス社は環境問題を重要な経営課題として認識し、環境保護マネジメントを設立しました。以下が取得した認証です。

//